カルディコーヒーファームのワイン頒布会「ワイン定期便」は
イタリア人ソムリエ・レオナルドさんとワインをもっと楽しもうをコンセプトに
厳選した2本を毎月3,000円でご自宅へお届けするワインの定期購入サービスです。

レオ流ワイン生活

2013年12月

「ワイン界の麗しき人々」#4

皆さん、こんにちは、CIAOO!
ワインの世界で、素敵な方は沢山いますね。
何で、こんなに沢山いますね。。。?とずっと考えてたけど、なかなかこたえを見つけられませんでしたね。
少し変わってる、個性がある、信念とモティベーションが高いのに、面白くて
今日紹介したい方はカラフルな性格を持っているワインメーカー。。。
アーティストみたい。
そう。
アーティスト。
絵を描くこと、楽器を演奏すること、劇場で演技することは、ワインを作ることとそんなに差がないかもしれません。
どういう芸術でも、形がない素材を、自分のセンスで変えて、他人を感動させることができる。
綺麗な絵を見て、感動。
素敵な音楽を聴いて、感動。
…美味しいワインを飲んで、感動ですね。
だから、ワインメーカーも、画家と一緒、ミュージシャンと一緒、アーティストの心を持って、少し変わっているかもね。
なんか、今日のブログは長っ!!
ゴメン!
さてさて、今日のアーティスト?を紹介しますね!

画像1

名前:MARINO COLLEONI
年齢:55才低度かな?
仕事:ワインメーカー(彼のワイナリーの名前はSANTE MARIEです。旨いぞ)
特徴1:ソフトウェアの会社の偉い人だった。それをやめて、農家になった。
特徴2:葡萄の木とコミュニケーションを取るのが好き!

MARINOさん、100%自然派です。自分の畑の木に、絶対に変な薬あげたりしない。
葡萄の木の力を尊敬して、病気と戦う葡萄の木に出来るだけ手を触れないです。
そうすると、生き残れば、強くなってくるから。
ステキ〜♩
最初、何本も枯れたみたいけど、畑はドンドン強くなって、最近あまり病気になったりしないです。
MARINさんは落ち着いてる、穏やかな、気持ちが良いおじさんです。
SANTE MARIEに行ったら、是非彼の畑の自由に暴れてる元気な葡萄の木を見て、そして是非彼と話してみてください。
少しだけでも、自分の心はもっと豊かになると思います。
レオ
ブドウの木をナデナデしているおじさんです:

「こんだてnote」って知っている?

画像1
皆さんは、「こんだてnote」って知っている?
知らない?
いやだ〜
面白いぞ!

「今日の夜ご飯はどうしましょう?」と困った時、こんだてnoteのホームページを開いたら、あそこに「こんだてnote」のコミュニティが作ったメニューが沢山載っています。
全メニューは写真とレシピ付けだけではなく、テーマも付いています。

「ベジタリアン晩御飯」を作りたい?楽チン。
「インド風のパティー」を開催?イージー♪
「ニンニクたっぷりの朝ご飯」をもりもりと食べたい?簡単だが、やめましょうね。(^^;;

で、最近「ワインを楽しむこんだてコンテスト」というテーマで、こんだてnoteとコラボレーションをしました。
こんだてnoteのコミュニティの皆さんは沢山のワインを生かすメニューを作って、送ってくれました。
それで、僕はメニューをゆっくり見て、一番良かったものをいくつか選びました。
面白くて、興味深くて、楽しい仕事でした。
コンテストに参加した人達は自分なりにワインを中心したメニューを考えてくれた。
ガールズトークの設定でワインを楽しむためのおつまみメニューとか、泡に良く合うタパスとか、何と和風のメニューもありました。
日本人はワインに対して、僕らのヨーロッパ人と違って、全く型にはまっていないな〜と改めて思いました。オリジナリティーたっぷりのこんだてばかりを見ました。ちょっと予想以外でしたけど、とても良かったです。

さて、皆さん!「こんだてnote」を開いてみますか?次のコンテストに参加してみますか?
面白くて、便利ですよ!
レオ

Marco Sferlazzo社 Porta del vento 2007年

>

皆さん、
今回はシチリア島の土着品種のカタッラット100%を楽しみました!
生産地は最近イタリアで流行している「エトナ火山」の周辺です。
深い金色にちょっとした茶色のニュアンス。この色を見た瞬間に「あ~もう古くて、もう飲み頃過ぎちゃったかな~」と思った。

確かにちょっと、酸化系の香りも入っていますけど、他の香りに邪魔にならず逆に良い飾りになっています。果実系の香りは苦~あああいオレンジピールのジャムに、ムルメロのリンゴの感じ。後は、説明しずらくなります。もうしかして、説明しても信じにくくなります。っていうか、僕は言い過ぎになるかもしれない。とにかく、僕が感じたのが、説明しにくいソープ・火打ち石・ディーゼルの間のミネラル系の面白い香りでした。

口の中に、まだ健全でした。ちょっと酸味が落ち着いたので、確かにちょっと「伯父っちゃんワイン」でしたね。
でも、まだまだ問題なく飲めました。

で?
面白い。時々、ちょっとした古い白は面白いです。ミネラル系の強い香りはエトナ火山の土と空を映っていると思います。
良かった。
レオポイント:81点 

PROFILE
Leonardo Benucci
フィレンツェ生まれ。身長2メートル、元プロバレー選手。イタリア語、英語、スペイン語、日本語を話せる。「ワインはコップで楽しんでもいい!」という持論のもと、イタリアソムリエ協会(AIS)公式ソムリエ、公式ワインテイスターなど数々の資格を持つ。かつて日本滞在中に多数のテレビ・ラジオ番組に出演。KALDIと出会い、以来虜に。今はイタリアに在住し、来日のたびに天井におでこをぶつけている。