カルディコーヒーファームのワイン頒布会「ワイン定期便」は
イタリア人ソムリエ・レオナルドさんとワインをもっと楽しもうをコンセプトに
厳選した2本を毎月3,000円でご自宅へお届けするワインの定期購入サービスです。

レオ流ワイン生活

2014年07月

京都のパワー

2014-05-09-10-14-25

皆さん、CIAO!
これって、京都の清水寺の下を通る面白い道です。
そうね、僕は典型的な外人かもけど、やっぱし京都が大好きです。
皆さんは知っているね。^ ^
で、道の話に戻ると、その道に名前もついてる:「音羽路」だって!(もしかして…スパー超有名な道かな?!)
でさあ、音羽路の前を通った時、丁度清水寺の観光客のスーパー超大勢に疲れちゃって「ここだと誰もいないみたい…よし!ここを通ってみましょう」と思いました。
音羽路はクルクルと下りるスパー超急な坂道です。(って言うか、
この今日の「スーパー超⚪︎⚪︎」を辞める。約束だ。)
「道も環境も名前も面白いな〜。。でも何で「羽の音の道」だろう?」と思った瞬間に。。。
どこでも「ピオ・ピオ・ピオ・ピオ」の鳥の鳴き声は響きました。。
「怪しい…スピーカーがどこかに…」とも思っちゃったけど(≧∇≦)やっぱりスピーカーではなくて。。鳥でした!
しかも、可愛い鳥ばかりで、その道とその緑と音はとても心を。。なんだろう。。落ち着けさせました。
さすが、これは京都のパワーですね!
^ ^
レオ

Oasi Degli Angeli社 Kurni 2010年/ナチュラルワイン

画像1
皆さん、
どうもどうも。
今度、ちょっと高いワインを買って、日本人の友達と一緒に飲みました。
彼は自然派なので、彼のために自然なやり方で作られたワインを買いました。
メーカーの「OASI DEGLI ANGELI」(天使のオアシスという面白い名前)はイタリアのナチュラルワイン業界の中に、昔からの開拓者っていうか、パイオニアっていうか。。。そうか、同じか?!?
とにかく、OASIの作り方で、マルケ州にありふれてる、地味な安いワインで有名な「MONTEPULCIANO D'ABRUZZO」品種を使って、濃くて美味しいワインを作れます。
OASIの畑はまず、ブドウの木の密度は。。。笑っちゃうほど高いです。1万平米に1万2千株も入っています。普通の量の2倍位です。そして、ブドウの木1本から、ふさ1個しか作らない。
結果は、濃い濃いワインのはずです。
のはずね。
でも、実際に、どうだった、KURNIは?


「ガーネット色の輝きが入った石油」のようなものです。
!?!?!
分かりにくいね。
すまん。
他の表現が出てこないです。本当に石油みたいから。


豊かな香りで、まずダークチョコレートと桑の実はメーン。その裏に、プラム・チェリーのコンポートとちょっとしたフレッシュなヒント。レモンバームかな?
とてもリッチな香りです。


このワインって、飲めない。
っていうか、飲むよりも、噛むですね。
お相撲さん10人と同じ程度フルボディー。FULLISSIMO BODYSSIMO!!!大きくて、丸くて、太っているヘビーウエイです。
こんなに味が濃縮になったワインを飲んだことがない。
KURNIと比べると、この前飲んだ「OPUS ONE」もお茶みたい。。。
なのに、バランスはボチボチあります。
ボチボチね。ちょっと甘口で、一番近いワインは、AMARONEですね。
余韻が。。。終わりがない。長くて、甘くて、強い余韻です。

で?
このKURNIに合う料理は思いつかない。
何も食べないで、飲んで満喫した方が良いかもしれません。
チョコレート系のあまり甘くないケーキと良いかも:チョコレートのババロアなど。
人生の中に、こんな感じの強烈的なワインを一回買って、試す価値がとてもあると思います。
ちょっと変わった人に、ちょっと変わったワインです。
レオポイント:88点

サイボーグ・トイレット/日本でのできごと レオの日記

皆さん、こんにちは!
世界中に「素晴らしい」と思われてる日本のトイレット技術のウォシュレットは更に進化しました!
これで!

image


石ノ森さんの「サイボーグ009」ポスターをウォシュレットの上に張るだけで、トイレットは更にパワーアップしますね! :)
言わせてもらうけど、僕ってこの「あれ!?あれれ!?」的な小さいことでも日本が大好きです。
トイレの中に入る前に、子供の頃の大好きな009のジョー君の顔に会うのが本当に予想以外でした。:)
でもね...ちょっと変わった場所でも、ジョー君に会って嬉しかったですね。:)
レオ
PROFILE
Leonardo Benucci
フィレンツェ生まれ。身長2メートル、元プロバレー選手。イタリア語、英語、スペイン語、日本語を話せる。「ワインはコップで楽しんでもいい!」という持論のもと、イタリアソムリエ協会(AIS)公式ソムリエ、公式ワインテイスターなど数々の資格を持つ。かつて日本滞在中に多数のテレビ・ラジオ番組に出演。KALDIと出会い、以来虜に。今はイタリアに在住し、来日のたびに天井におでこをぶつけている。