カルディコーヒーファームのワイン頒布会「ワイン定期便」は
イタリア人ソムリエ・レオナルドさんとワインをもっと楽しもうをコンセプトに
厳選した2本を毎月3,000円でご自宅へお届けするワインの定期購入サービスです。

レオ流ワイン生活

2015年07月

Montevertine社、LE PERGOLE TORTE 2010年〜2000年の垂直試飲

2014-11-20-01-40-55


皆さん、どうも。
先日、キャンティに行って、伝説的なメーカーのMONTEVERTINE(モンテヴェルティーネ)社の100%サンジョヴェーセ品種の「PERGOLE TORTE」(ペルゴレ・トルテ)で垂直試飲をしました。
モンテヴェルティーネの特徴は沢山あります!
1− ワインはメチャ美味しいことですね。もちろん、美味しさがないと、話にならないから。
2− ラベルは可愛くて、毎年変わります。テームはいつも「女性」。作者は「ALBERTO MANFREDI」です。 
3− ワイナリーの醸造家は最初からキャンティの天才的な醸造家の「GIULIO GAMBELLI」でした。
4− ワインは「キャンティ・クラッシコ」の真ん中なのに、昔からラベルに「キャンティ」って書いてない。。とても珍しいですね(まあね、キャンティ協会とMONTEVERTINEはいつそんなに中が良い訳にもいかなかったしね〜)
飲んだヴィンテージは2010年、2009年、2008年、2007年、2006年、2004年、200年
で、どんな感じでしたかな?
。。良い感じでしたよ。。。 :)
ちなみに:
2010年:気候の涼しい良いヴィンテージでした。紫色の輝きが入ったルビー。フレッシュなスミレ!バター、チェリー。飲みやすくて、「パリッ」としたフレッシュなワイン。
2009年:暑いヴィンテージでした。2010年と比較すると熟成した果実、特にアルコール漬けのダークチェリー、ジュニパーが多い。口の中に、メインはバランスです。タンニンも完璧で水のように飲んでも良いワインです。余韻は…ワオ!
2008年:気候が不規則ヴィンテージでした。収穫の時、温度が低かった。この子は紫のニュアンスが入ってないけど、まだまだ生き生きしたルビー、柑橘類のビターオレンジの裏に、いろいろ:ピリピリスパイス、チョコレート、スモークハム、なつめ。
2007年:完璧な気候に完璧なワイン。薄いガーネット色。樟脳のフレッシュな香りに更に松ヤニ、濡れた石、グラファイトとチェリーのジャム。口の中にまだまだ元気いっぱいで、本当に生き生きしたワイン。余韻は異常に長い。寛大な、偉大なサンジョヴェーセ!!
2006年:キャンティ地方で一般的な気候のヴィンテージ。動物系のニュアンスの他にベリージャム、キノコ、甘いハーブ、レモンのキャンディ。味はとてもフレッシュ。酸味が高くて、タンニンも「ピン」としっかりしながら。。邪魔にならない。エレガントさとパワーのあるワインです。
2004年:素晴らしい気候で、変な温度のピークがなかった。注いだ瞬間に、アーモンド系のタッチ。濁ってる。チョコレート、コーヒーの豆、ちょっとしたタールに、乾燥したハーブ、チェリーとブルーベリー。タンニンはそんなに綺麗ではないけど、締め方が甘い。
2000年:残念ながら僕のワインはコルクの味しかなかった :(

一番好きだったって、元気な2007年、エレガントな2006年とバランスに完璧な2009年!
でもね。。買うなら、どっちでも買っても。。買う価値があると思います。
飲みすぎたレオちゃんより

モッツァレラが足りますか?

皆さん、BUONGIORNO♫
今度のCAMPANIA州の出張って、本当に「良・い・意・味・」で大変でした!
今度、ビジネスの面で一番大きく出た問題はこれでした:
image


理由は僕がお客様とのビジネス・ランチで「せっかくナポリなので、少しモッツァレラを食べたいな〜」と言ってしまったからです…
1キロ以上だったかな?
モッツァレラの化け物?巨人?ゴジラ?でした。
真ん中のアホでかいな部分は柔らかい牛乳の味した「FIOR DI LATTE」で、隣の小さい(全然小さくなかったけど!?!)丸くて可愛いモッツァちゃんは味のもっと濃いの「水牛」のモッツァレラでした。
一人で食べきれなくて大問題が発生! (^^)
「なんで〜え!?レオ様食べろって!君は痩せとるからって!!!」とからかわれて、皆んなで爆笑した。
ナポリの人って大好きです。
陽気過ぎて、うるさ過ぎて、面白すぎて、もちろん食べ過ぎです!
最高〜!
\(^o^)/

9月のレシピ 白身魚の塩だれマリネ

マテュー・ルー ブルゴーニュ シャルドネ
とのおすすめマリアージュレシピ

【白身魚の塩だれマリネ】

カルパッチョ塩ダレ2


** 材料(4人前)**

・白身魚のお刺身 100g(タイ・ズスキ・ヒラメなど)
・塩だれ 大さじ1
・ズッキーニ 1/2本
・オリーブオイル 適量 

=トッピング用=
紫たまねぎ:少量
薄くスライスして水にさらす

** 作り方 **
 
「1」お好みの白身魚のお刺身に、塩だれ大さじ1を加えてあえ、冷蔵庫で10分ほどマリネする。
「2」ズッキーニ1/2本を薄くスライスして、オリーブオイルで軽くソテーし冷ましておく。
「3」 紫たまねぎを薄くスライスして水にさらし、水気を切っておく。
「4」お皿にソテーしたズッキーニを並べ、マリネしたお刺身、スライスたまねぎを盛りつけて完成。

※お好みで軽くレモンを絞ってもさっぱりといただけます。
※使用した塩だれは、もへじの塩だれです。ごまとにんにくの香りがマリネにぴったりです。





PROFILE
Leonardo Benucci
フィレンツェ生まれ。身長2メートル、元プロバレー選手。イタリア語、英語、スペイン語、日本語を話せる。「ワインはコップで楽しんでもいい!」という持論のもと、イタリアソムリエ協会(AIS)公式ソムリエ、公式ワインテイスターなど数々の資格を持つ。かつて日本滞在中に多数のテレビ・ラジオ番組に出演。KALDIと出会い、以来虜に。今はイタリアに在住し、来日のたびに天井におでこをぶつけている。