カルディコーヒーファームのワイン頒布会「ワイン定期便」は
イタリア人ソムリエ・レオナルドさんとワインをもっと楽しもうをコンセプトに
厳選した2本を毎月3,000円でご自宅へお届けするワインの定期購入サービスです。

レオ流ワイン生活

2016年08月

2016年10月のコソコソ話


メゾン・ガロ エレガンス・ドゥ・ブリソン
赤いベリーを感じるエレガントでチャーミングな赤

メゾン・ガロ マノワール・ガロッケン
◆樽熟成による気品と複雑味を兼ね備えた赤◆

 

10月のレシピ ローストポークローマ風ポルケッタ

メゾン・ガロ エレガンス・ドゥ・ブリソン
とのおすすめマリアージュレシピ

【 ローストポークローマ風ポルケッタ 】

2-thumb-275xauto-1100




** 材料(3人分) **【70分】
 
・肩ロースブロック 500g
・お肉のためのハーブミックス 大さじ2
・ニンニクのみじん切り 大さじ1
・塩、黒コショウ 適量
・オリーブオイル 適量
 



** 作り方 **

「1」 豚肩ブロックを厚さ1cmほどの長方形になるように切り、開く。 
「2」 切り口が上になるように豚肉を置き、表面に塩、コショウを適量、ハーブミックスを大さじ1、ニンニクをのせ、よくもみ込みなじませる
「3」 「2」の肉をロールケーキのように巻きあげ、棒状にして形が崩れないようにタコ糸で固定する。
「4」 「3」の表面に塩、コショウ、ハーブミックス大さじ1をもみ込むようにつけ、さらにオリーブオイルを表面に塗りサランラップで包み30分ほどねかす。
「5」 熱したフライパンにオリーブオイルを軽くひき、「4」の肉の表面を焼き目がつくようにていねいに焼く。
「6」  200度のオーブンで「5」の肉を30分ほど焼いたら完成。

■ポイント:

※ハーブミックスを肉につけて30分ほどねかすと、香りがよくなじみます。 あらかじめロースト肉の表面をフライパンで焼いておくと肉の旨みが外に出にくくなります。

10月のレシピ 牛ほほ肉の赤ワイン煮

メゾン・ガロ マノワール・ガロ
とのおすすめマリアージュレシピ

【 牛ほほ肉の赤ワイン煮 】


hohoniku-thumb-275xauto-3332



** 材料(4人分) **【180分】
 
・牛ほほ肉ブロック 800g
・赤ワイン 1本
・ニンジン 1本
・タマネギ 1個
・セロリ 1本 
・トマトピューレ 100g
・ブーケガルニ 1個
・ローレル 2枚
・クローブ 1粒
・はちみつ 大さじ1
・ブイヨン キューブ 1個
・ニンニク 2片
・塩、黒コショウ 適量
・小麦粉 適量+5g
・オリーブオイル 大さじ5
・バター 5g



** 作り方 **

「1」 ニンジン、タマネギ、セロリは1cm角に切り、ニンニクはうす皮ごと横半分に切る。牛ほほ肉は余分な脂や筋を取り除き5cm幅位に切り分ける。
「2」 熱したフライパンにオリーブオイル大さじ2を引き「1」の香味野菜、ニンニク、ローリエを入れ中火でソテーする。香味野菜がしんなりして焼き色が付いてきたら赤ワインを投入し、ひと煮立ちさせ深鍋に移し弱火にかけておく。
「3」 「1」のほほ肉の表面に塩、コショウをふり小麦粉をまぶし余分な小麦粉ははらっておく。熱したフライパンにオリーブオイル大さじ3を引き、中火でほほ肉の表面を焼き色が付くようにていねいに焼く。  
「4」 「2」の深鍋に油をよく切ったほほ肉、ブーケガル二、クローブ、ブイヨン、トマトピューレ、水(肉がひたひたに浸かる程度)を加え弱火で2時間ほどフタをして煮込む。途中味を見ながら軽く塩、コショウを加え、水分が2/3位になりほほ肉に箸がすっと入るくらい柔らかくなったら一度火を止める。
「5」 ほほ肉を取り出し、目の細かいストレーナーなどで液体を漉しボールに移しておく。
「6」  手鍋にバター、小麦粉5gを入れ弱火でよく混ぜながらソテーしルーを作る。粉っぽさがなくなったら、「5」の液体を少しずつ加え粘度の付いたソース状にし「5」のほほ肉を加え弱火にかける。。
「7」 ハチミツを加え、塩、コショウで味を調え肉がソースになじんだら完成。


■ポイント:

※時間はかかるけど意外と簡単。特別な日にぜひチャレンジを 。煮込むのに圧力鍋を使うと時間を短縮できます。 
PROFILE
Leonardo Benucci
フィレンツェ生まれ。身長2メートル、元プロバレー選手。イタリア語、英語、スペイン語、日本語を話せる。「ワインはコップで楽しんでもいい!」という持論のもと、イタリアソムリエ協会(AIS)公式ソムリエ、公式ワインテイスターなど数々の資格を持つ。かつて日本滞在中に多数のテレビ・ラジオ番組に出演。KALDIと出会い、以来虜に。今はイタリアに在住し、来日のたびに天井におでこをぶつけている。