カルディコーヒーファームのワイン頒布会「ワイン定期便」は
イタリア人ソムリエ・レオナルドさんとワインをもっと楽しもうをコンセプトに
厳選した2本を毎月3,000円でご自宅へお届けするワインの定期購入サービスです。

レオ流ワイン生活

2015年12月のワイン

2015年12月のコソコソ話

①泡とともに美しく立ち昇る豊かなテロワール
◆ピローヴァノ シャルドネ・スプマンテ メトド・クラシコト◆

②繊細な泡と優しい甘さのコンチェルト
◆カウドリーナ モスカート・ダスティ ラ・カウドリーナ◆

 

 

12月のレシピ アスパラと鶏胸肉のオーブン焼き

ピローヴァノ シャルドネ・スプマンテ メトド・クラシコ
とのおすすめマリアージュレシピ

アスパラと鶏胸肉のオーブン焼き
shiokouji-thumb-275xauto-699

** 材料(2人分) **【15分】
 
・アスパラガス 3本
・鶏胸肉 50g
・温製卵 1個 
・シュレッドチーズ 大さじ2
・パウダーチーズ 大さじ1
・塩麹 適量
・EXV オリーブオイル 適量 

** 作り方 **
 
「1」 アスパラガスは穂先を残して薄皮をピーラーで取り除き、塩茹でして、冷水にさらし色止めをする。  
「2」 鶏胸肉は2mm厚さ位にスライスして、適量の塩麹に30分漬け置きをする。
「3」 フライパンで「2」の鶏肉の表面を軽く焼く。  
「4」 グラタン皿内側表面にオリーブオイルをぬり、中心にスペースを空けながら、アスパラガス、鶏肉を組みあげるようにのせて、全体にシュレッドチーズをかける
「5」 中心のスペースに温製卵をのせ、全体的に軽く塩麹、パウダーチーズをかけ、200度のオーブンで5分ほど焼いて完成。。 

【温製卵の簡単な作り方】 アスパラガスと鶏胸肉のオーブン焼き
沸騰したお湯(火を止めて)に卵を入れ8分放置して、水に移し入れ冷めるまで放置すればできあがり。  

※鶏肉を焼く際、塩麹が焦げやすいので少し多めの油で表面をサッと焼くようにするのがコツ。 仕上がりにトリュフオイルを少したらすとリッチな一品に。

12月のレシピ クリームチーズのケークサレ

カウドリーナ モスカート・ダスティ ラ・カウドリーナ 
とのおすすめマリアージュレシピ

クリームチーズのケークサレ
PC269658-thumb-275xauto-3555

** 材料(小パウンド型1台分) **【50分】
 
・ホットケーキミックス 150g
・クリームチーズ(ハーブ)  100g
・生ハム切り落とし(刻んでおく) 60g
・卵 2個 
・牛乳 50cc
・サラ油 50g

** 作り方 ** 
 
「1」 オーブンは180度に予熱しておく。  エビは尾を残して、足、殻、背ワタを取り除き軽く塩茹でしておく。
「2」 ボウルに卵を割りほぐし牛乳、サラダ油を順に加え泡立て器で混ぜる。
「3」 「2」にクリームチーズ、生ハムを加え混ぜる。  
「4」 「3」にホットケーキミックスを加えヘラでサックリと混ぜ合わせ、パウンド型の内側表面にオーブンシートを敷き型に流し入れる。
「5」 「4」を空気抜きしてからオーブンで40分ほど焼き完成。 

※具材にソテーしたタマネギやお好みの温野菜を加えてもおいしくいただけます。

PROFILE
Leonardo Benucci
フィレンツェ生まれ。身長2メートル、元プロバレー選手。イタリア語、英語、スペイン語、日本語を話せる。「ワインはコップで楽しんでもいい!」という持論のもと、イタリアソムリエ協会(AIS)公式ソムリエ、公式ワインテイスターなど数々の資格を持つ。かつて日本滞在中に多数のテレビ・ラジオ番組に出演。KALDIと出会い、以来虜に。今はイタリアに在住し、来日のたびに天井におでこをぶつけている。