カルディコーヒーファームのワイン頒布会「ワイン定期便」は
イタリア人ソムリエ・レオナルドさんとワインをもっと楽しもうをコンセプトに
厳選した2本を毎月3,000円でご自宅へお届けするワインの定期購入サービスです。

レオ流ワイン生活

「豆豆豆豆知識」

Canalicchio di Sopra社 Il Ripo IGT 2012年

2014-08-07-19-07-36

皆さん!どうもどうも!
「スーパータスカン」って分かりますか?
ワインが好きな人は分かると思いますけど、ちょっと説明を入れましょうか?
「スーパータスカン」はトスカーナ州のワインですが、伝統的な「キャンティ」、「ブルネッロ」、「ヴェルナッチャ」などではないワインです。
トスカーナの品種の「サンジョヴェーゼ」を活かして、新しいブレンドに使って、その時までなかった濃い色、香りと味をもつワインです。サンジョヴェーゼの他に、ブレンドの中にボルドー系の品種がメーンです:メルローカベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、ペチヴェルドなど。
初めてのスーパータスカンは1970年に産まれました:アンティノーリの「ティニャネッロ」でした。
少しでも勉強になりましたかな?なってない?イタリア語わかれば。。ここって読むのは悪くないよ。
で、今回、や っ ぱ し、スーパータスカンを紹介したいです!
しかも、初のヴィンテージです!
メーカーは売れっ子の「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」で有名なワイナリーのCANALICCHIO DI SOPRAです!
カナリッキョって、今回いつもと違うワインを造りたくて、スーパータスカンを挑戦しました。。さああ。。。美味しいかな?


深いルビー色にパープル色の反射・輝き。パープルがワインに入ると意味は「ワインが若くて、元気!」が多いですけど。。。

第一の印象は「フレッシュ」!!!とてもミント的にフレッシュな香りが出て来ます!その裏にアルコール付けのダークチェリー、赤いオレンジと桃のヒント。。面白いハーモニー!

この子はフルボディーではなくて、もう少し軽さのある赤なので、飲みやすい!アルコールが高いけど、酸味と塩味もしっかりしていますので、そんなにアルコールの強さって気にならない。
締めは長くて、なんか。。甘いけど、甘いだけではないです。最初のミントのニュアンスも余韻に残ります。
そして。。ベリー系の桑の実のニャンスもでてきて。。面白い!
で?
初のワインとして、とても。。。何だろう。。?ピンにあっています!
値段もそこそこ良いし。新しいトスカーナの知りたかったら、飲んでみる価値があると思います!
良く出来た!レオポイント:86点 

Firriato社 Favinia La muciara 2013年

皆さん、どうもどうもどうも〜♩ (^^)
さっそくですけど、今回試飲した子はこれです:
2014-11-14-19-43-34

シチリア島のトラパニの周辺にある超有名なメーカーのFIRRIATOのワインです。
FIRRIATOはワインが沢山造っていますけど、これは特徴が山ほどあります!
ちなみに:
1- 生産地はトラパニの前にある「エガディ列島」のFAVIGNANAという島です。エガディ列島で、ブドウ畑はこれだけです。唯一な畑です。
2- 島のテッロワールは独特的です。畑は海のすぐ側にあるだけで、潮風などの影響で、ミネラル系の香りとニュアンスはアップになるでしょう。
3- そして、面白い話はもう一つ!この辺の同着の海草の「ポセイドニア」です。子の海草は春になると、くっついた海の底から離れて、海流によって、島の海岸にドンドン集めていきます。夏になると、太陽のメチャ強い陽射しの力で乾燥して、よく吹く「FAVONIO」という風の働きで、島中どこでも飛んでいきます。なんか。。自然肥料みたいです。ポセイドニアもやはり栄養が豊か植物なので、畑の栄養バランスにとても良い影響があります。。
で。。ワインを飲んだら、こんな感じでした!


軽い藁色に緑色の反射!若々しくて、元気そう!


先ず、白いジャスミンの華やかな感じに緑色のリンゴですね。そして、その裏に地中海のハーブ、特にセージ。でも、これだけではなかった!更に、ガソリン系の香りもありました。珍しい香りですね、ガソリンって。でも、時々、白ワインに出てきます。。特に北イタリアとドイツの「RIESLING」という品種が入ってる時。でも、この子にはRIESLINGが全く入ってない。シチリア土着のGRILLO、CATARRATTOと少しのZIBIBBO。だから、このガソリンのニュアンスは。。とても意外で面白いです!


やっぱり、ミネラル系の味はしっかりしてますけど、ワインは塩っぱくないです。
味はデリケートで、余韻が長くて、ワインの良い品質を表してる。
魚料理に限るワインです。私は、魚のスープと楽しんで、とても良かったです。


色んな意味で、沢山の表現をもって、珍しいワインです。
生産量はメチャ少なくて、FIRRIATOっぽくないかもしれませんが、本当に飲んでみたほうが良いワインだと思います。
値段も、そんなにバカ高くないので、メリットのあるワインです!
レオポイントって、90点ですね。
良く出来ました!
:)

Salcheto社 Vino nobile di Montepulciano 2006年

2014-08-01-01-23-03

皆さん、
知っていると思うけど、2006年というヴィンテージで、中々不味いトスカーナ州のワインを見つけるのは…難しいです。
本当に2006年って、最高のヴィンテージですね。キャンティを買っても、ブルネッロを買っても、そしてもちろんモンテプルチャーノのノビレでも!
知っているでしょう?「NOBILE」ってイタリア語で「貴族」それとも「偉い様」それとも「位置の高い方」と言う意味を持っています。まあ、直訳ですが、「モンテプルチャーノから来た偉い様」って、凄いワインの名前ですね!
ノービレって、本当に面白いワインです。ブルネッロと比べたら、葡萄品種100%サンジョヴェーセではなくて良いです。生産のルールで、「サンジョヴェーセは少なくとも7割」って書いてあります。残りの3割に結構自由です。だって、白い品種を使っても良いです!
熟成時間も色々選べます:樽24ヶ月か、樽12ヶ月+瓶内6ヶ月などなど!
面白いワイン、本当に!
で、今日飲んだのは凄く環境に優しい、無農薬、自然派でありながら、綺麗なワインを造るSALCHETOワイナリーの2006年のノビレ!
で、どうだった?

このノビレは100%サンジョヴェーセです。色で分かります!この…ザクロ色で…あの…ルビー色の反射…そして、あの妙な薄さって、サンジョヴェーセにしかできない。
香り
なんだろう…まず、熟成したダークチェリーはメインですね。それと一緒に、ブルーベリーとカシス!そして、一方後ろに皮と…濡れ落ち葉の香り
2014-08-01-01-13-06

こういう濡れ落ち葉ではない〜いい!


口の中に入る瞬間に、まず、酸味!この酸味は本当にこのワインの…背骨ですね。全てこの酸味に支えられている。余韻が長くて、締め方はダークチェリーとタイムの美しいハーモニー。バランスが良くて、個性もあります。

で?
流石に2006年のサンジョヴェーセだ。
間違いなく美味しい。
間違えなく飲んでも良くて、寝かしても良いです。
マリアージュって強い味の肉料理。ラム肉のレーズン煮込みみたいなものは如何でしょうかね?
とにかく、ワインは良い!
レオポイント:90点!
PROFILE
Leonardo Benucci
フィレンツェ生まれ。身長2メートル、元プロバレー選手。イタリア語、英語、スペイン語、日本語を話せる。「ワインはコップで楽しんでもいい!」という持論のもと、イタリアソムリエ協会(AIS)公式ソムリエ、公式ワインテイスターなど数々の資格を持つ。かつて日本滞在中に多数のテレビ・ラジオ番組に出演。KALDIと出会い、以来虜に。今はイタリアに在住し、来日のたびに天井におでこをぶつけている。